色褪せることのないトラディショナルスタイル「ハミルトン ジャズマスター シンライン 42ミリ H38511733」

メンズファッション

Advertisement

ファッションの中でも個性が出やすい時計。

スマートフォンなどで簡単に時間が確認できるようになった現代では腕時計は単なる時計の役割を離れ、ファッションとしての文脈を強く持つようになってきました。

今回はアメリカ発有名時計ブランドハミルトンのジャズマスター シンラインについてご紹介していきたいと思います。

ハミルトンとは?

1892年にアメリカ、ペンシルバニア州で生まれたブランド。

伝統的な技法を重んじるスイスの時計作りとは全く異なったアプローチで、画期的なプロダクトを次々と世に送り出し、時計史のみならず工業史にもその名を刻む時計メーカーです。

1957年に時計史上初の電池式腕時計となる「ベンチュラ」、1970年には、世界初の発光ダイオード(LED)式デジタルウォッチ「パルサー」を発表。

ハリウッド映画において、エルヴィス・プレスリーなど多くの名俳優達の腕に飾られ、映画界からの支持も厚い腕時計ブランドです。

ジャズマスター シンライン 42ミリ H38511733

ハミルトンを代表するモデル、ジャズマスター。

そのジャズマスターの中でも最薄となるケース、シンプルな中にクラシカルさを感じるデザインが特徴のタイムピースです。

■製品スペック
・原産国:スイス
・ケース直径・幅:42mm
・ケース厚:7mm
・バンド素材・タイプ:カーフストラップ ベルトタイプ
・バンド幅:20mm
・風防素材:サファイヤクリスタルガラス
・本体重量:50g
・ムーブメント:クォーツ

【レビュー】ハミルトン ジャズマスター シンライン 42ミリ

高級感を纏った箱


実際に購入するとこのような大きな箱に腕時計は入っています。

箱はかなり大きく、ハミルトンの中ではリーズナブルな方に分類されますが、決してチープな印象は箱からしません。

シーンを問わないシンプルさ

デザインは今ではマイノリティーになってきた時計らしさ溢れるデザイン。

長針と短針のシンプルな造りに、アラビア数字をあしらった文字盤。

シーン、服装を問わず合わせやすい形となっています。

現代のライフスタイルに馴染む薄さ

なんといってもこのケースの薄さが最大の特徴。

薄くポップな時計が数多くある中で、ジャズマスター シンラインはクラシカル感のある時計。

まさに着けやすさの中にファッション性を溶け込ませた一品と言えるでしょう。

ハンドクラフトのカーフレザー


ベルトのレザーはカーフを採用。

少し堅めで馴染むのに時間を要しますが、ハンドクラフトのブラックのレザーベルトは時計の印象を締めてくれます。

クラシカルでありながら使いやすさのある時計

せっかく時計を買うなら仕事にもプライベートにも馴染む時計がいい。

ハミルトンのジャズマスター シンラインはモノを多く所有しない現代に向いており、上質かつ使いやすさを兼ね備えた時計と言うことができるでしょう。

値段自体もハミルトンの他のモデルに比べ、比較的手に入れやすいモデルです。

ちょっと一段階上の時計を手にしたい、そういう方はぜひ一度ジャズマスター シンラインを検討してみてください。

スポンサーリンク