論理的思考(ロジカルシンキング)とは?基礎からトレーニング方法まで徹底解説!

オトナの教養

Advertisement

社会人必須のスキル、「論理的思考(ロジカルシンキング)」をあなたは知っていますか?

人を説得するという事はビジネス以外の局面においても多く見られます。

その中で、感情的に説得するだけではなかなか納得してくれない場面が多々あります。

そんな時に、なぜその考えに行き着いたのかを筋道立てて因果関係を綺麗に話すことができれば、物事がスムーズに行きやすくなります。

今回は、オトナであれば身につけておきたいスキル、「論理的思考(ロジカルシンキング)」について概要からできない人の特徴、トレーニング方法、鍛えるのにオススメの本をご紹介していきます。

論理的思考(ロジカルシンキング)とは?

論理的思考(ロジカルシンキング)とは一貫していて筋が通っている考え方、あるいは説明の仕方のことを指します。

コンサルで用いられてきた考えであり、ベストセラーのビジネス書『ロジカルシンキング』(照屋華子・岡田恵子, 東洋経済新報社, 2001年)により、一般層にも広く知られるようになりました。

  • MECE(Mutually Exclusive and Collectively Exhaustive)
  • So What / Why So
  • ピラミッドストラクチャ
  • ロジックツリー
  • フレームワーク(3Cや4Pなど)

上記のようなキーワードを中心に、どのようにして論理的思考(ロジカルシンキング)をおこなうのかという方法論、トレーニング方法などが数多くの書籍で語られています。

相手に分かりやすく物事を伝える、再現性の高い仕事をおこなうなどの面において非常に役立つものとして現在、ビジネスマンを中心に注目を集めているスキルの一つです。

論理的思考(ロジカルシンキング)のメリット

人を説得するのに効果的

「自分の話をしっかり聞いてもらえている印象がない、、、。」

「いつも自分の意見が通らない、、、。」

こんな経験はありませんか?

もしかすると、それはあなたの話が分かりづらかったり、結論をいつまで経っても話さないなど論理的でないからかもしれません。

論理的思考(ロジカルシンキング)を身に付けることにより、分かりやすく物事を筋道立てて相手に伝えることができるようになります。

自分が考えていることを相手にも同様に、納得感のある形で伝えることができれば、身に付ける前と比べ、遥かに相手に内容が伝わりやすくなることを実感するかと思います。

また、論理的に相手に伝えようとすると、抜け漏れがあると話をうまく構成できませんから、自身の主張の根拠が正しいか、充分かなども考えなくてはなりません。

このように、論理的思考(ロジカルシンキング)を身に付けると、相手に話が伝わりやすくなるだけでなく、自身が正しく考えられているかを常に確認できるようになるというメリットがあります

物事を再現性高く進めることができる

あなたは今までなぜか分からないけどうまくいったという経験はありませんか?

成功は嬉しいことですが、なぜうまくいったのか分からなかった時って、似たような状況がもう一度きた場合、もう一度成功させるのは難しくはありませんでしたか?

物事を体系化し、順序立てて考えることができるようになると、うまくいった際、うまくいかなかった際の原因を把握しやすくなります。

どこが原因でうまくいった、うまくいかなかったかが分かると、それを同様の他の物にも転用することができます。

それぞれの因果関係を適切に把握することにより、うまくいった事柄を何回でも、時によっては他の事柄にも応用できるようになるのが論理的思考のメリットの一つといえます。

論理的思考(ロジカルシンキング)のデメリット

必ず説得できるとは限らない

難しいのは、正論で全てを話せるようになったからといって、人が納得してくれるかというとそうではないところ。

何もかもを淡々と正論で返されると腹が立ってしまうということがあるように、場合によっては、論理よりも感情に訴えかけた方が説得できるケースもあります。

論理的思考(ロジカルシンキング)を身に付ける事はもちろん大切ですが、相手に話す場面において、

「ここは論理的に話した方が納得しやすいか?それとも感情に訴える方がよいか?」

を考えながら、使い分けていくことが重要と言えるでしょう。

物事の成否を見極めるにはさほど役に立たない

上場企業メタップスの社長、佐藤航陽氏は自身のブログにおいて以下のように語っています。

仮に、新規事業を検討している担当者が社内でプレゼンテーションをするとしましょう。海外ではその市場は注目されており、まだ日本では誰も手がけていないビジネスだとします。

担当者は、そのビジネスの可能性を、市場の成長性・海外プレイヤーの成長率・自社が参入した場合の競争優位性などを材料に、経営陣にプレゼンを実施します。経営陣はその説明をもとに自分達でも成功角度を見積もり参入の意思決定を行います。

もし、この時に同じことを検討している会社が100社あったらどうでしょう?

市場は一瞬で競争過剰に陥り値下げ合戦に巻き込まれて充分な利益が出せなくなるでしょう。ただ、今現在に誰がどんな事を考えて何の準備をしているかをリアルタイムで知ることは、世界中を監視できる立場にないと不可能です。この時点で、競争環境を判断する材料が抜け落ちていることになります。

さらに、ロジカルかどうかの ” 判断 ” はその母集団のリテラシーに依存します。例えば、意思決定を行う経営陣の中に「大手企業が来月に参入する」という具体的な情報をキャッチできる立場の人物がいれば、計画を再検討するように言うかもしれません。

つまり、構築できる「ロジック」はその人がかき集めれられる情報の範囲に依存し、それを見て「納得」するかどうかは意思決定を行う母集団の背景知識に依存してしまう、という事になります。

論理的思考の問題点は、人間が自分達が認識できる現実の範囲を「全体像」と捉えてしまう点にあります(実際はそれが「一部」であったとしても)。

ロジックを構築する土台となる材料自体が不正確さを含んでしまっているので、しばしば人間の将来に対する認識はあっさり裏切られてしまいます。

周囲を納得させるロジックを形成するための「思考」と、それがうまく行くかを判断するための「思考」は分けて考える必要がありますが、現状では意思決定においてこの2つがごっちゃになってしまっている点に問題があるような気がしますね。

ロジカルシンキングの弱点を考えてみた:ロジックを超えたロジックの話 | 佐藤航陽のブログ

すなわち、論理的思考(ロジカルシンキング)はその人の持っている情報を用いて確からしい論理を構築する事はできるが、物事の成否、特にビジネスにおいては考慮すべき情報がマクロでもミクロでもたくさんあり、その全てを収集する事はほぼ無理なので、物事が成功するかどうかを測るにはあまりあてにならないということだそうです。

従って、結果から振り返って分析する際にはある程度役に立ちそうですが、将来うまくいくかいかないかを考える時に、論理的思考(ロジカルシンキング)を用いるのはあまりオススメではないということが言えるでしょう。

将来について考える時に用いると、選択肢を狭めてしまう恐れがある

また、佐藤氏は同ブログ内で以下のようにも言及しています。

以前に書いたブログにも通じる話ですが、ビジネスではなく、人生の選択をロジックに頼ってしまうと、選択肢を狭めてしまう危険性があるなーとよく思います。

論理的思考は手元にある過去の情報を組み合わせて筋道を立てる作業と言えます。これまで見てきたように、正確な認識がそもそも難しい現在や未来に対してはうまく機能しない場合が多いです。

現在の選択も論理に頼ってしまえば、過去の認識が作り出したパターンをなぞるだけの将来になってしまいかねません。

「認識」とは、自分が今いる階数のようなものだといつも感じています。2階から見える景色を前提にあれこれ議論するよりも、早く50階に行くエレベーターを見つけたほうが良さそうです。50階であれば2階では見えなかった様々な景色がきっと見られるでしょうし、そこからは全く別の答えが導き出せる可能性があります。2階から見たら「海」だと思い込んでいたものは、50階から見たらただの「湖」であることがわかるかもしれません。

ただ、このエレベーターがどこにあるかは誰も教えてくれないし、探してみないとなかなか見つからない、そんなモノのように感じています。

個人的には、限られた認識をもとにロジックの緻密さを詰めるよりも、認識を広げることに最大限の努力をしたほうが近道だったことが多い気がします。

ロジカルシンキングの弱点を考えてみた:ロジックを超えたロジックの話 | 佐藤航陽のブログ

キャリアなどのライフプランを考える際に、組み立てる形の論理的思考(ロジカルシンキング)を用いると、過去からみて妥当である打ち手を打つ事は容易ですが、論理的に導きにくい打ち手を打つ事は困難になります。

電話などが良い例でしょう。

今でこそ一般的になったiPhoneですが、あれはスティーブ・ジョブズ氏の独創的なアイデアが元となって作られたものです。

仮に、当時の既存の携帯電話を改良を重ねるアプローチを取っていたら、iPhone誕生までにどのくらいの期間が必要だったでしょうか?

論理的思考(ロジカルシンキング)は物事を順序立てるが故に、思いもよらないアイデアを思いつくには非常に弱いという特徴があるのです。

論理的思考力(ロジカルシンキング)ができない人の特徴

ここからは論理的思考力(ロジカルシンキング)ができない人の特徴について

結論を先に言わない&ハッキリしない

結論から先に話し、その後根拠を話していくのが論理的思考力(ロジカルシンキング)の特徴です。

先に結論を話すことで、聞き手の脳内で話のポイントが整理しやすくなります。

一方、論理的思考力(ロジカルシンキング)ができない人の特徴として、相手に話を伝える際、結論を話の後半部分に持ってくる、または結論がハッキリしない傾向があります。

論理的思考力(ロジカルシンキング)のトレーニング方法

話すことを体系化し、筋道立てる

簡単なところから言うと、自分が人に対して話す時に、結論(主張)と根拠、事実などを整理し、順序立てて話すクセをつけてみましょう。

例えば、

「今回の件に関して私は(結論)だと考える。なぜなら理由の一つ目として(根拠①)〜、理由の二つ目は(根拠②)〜だからである。従って(結論)だと私は考える。)」

などのように話の構造が明確であることを心がけていくと良いです。

話の大枠から詰めていくことにより、自分の話に漏れやダブりはないか、根拠を揃えると結論はしっかり導き出されるかなど、思考が無意識のうちに鍛えられるようになっていきます。

論理的思考力(ロジカルシンキング)を鍛えるのにオススメの本

ロジカル・シンキング

スポンサーリンク