スピードと精度を両立する!TOEICで効果的な時間配分

オトナの教養

Advertisement

TOEICは時間配分の成否が得点にかなり影響を及ぼすテストです。

時間配分を誤ってしまうと、間に合わなかった問題は塗り絵状態となってしまい、せっかくの勉強の成果もフルに発揮できなくなってしまいます。

そこで今回はTOEICにおける効果的な時間配分についてご紹介していきます。

TOEIC リーディングセクションの時間配分

パート内容問題数
Part5短文穴埋め問題30
Part6長文穴埋め問題16
Part7シングルパッセージ(1つの文書)
マルチパッセージ(複数の文書)
29
25

TOEICリーディングセクションは以上の3つから構成されています。

リーディングセクションにおいて与えられている時間は75分。

900点以上のスコア保持者でもない限り、英文を全て読んで回答の根拠を確認して時間内に解き終わることはほぼ不可能と言われています。

したがって文法、長文読解のスピード、精度によほどの自信を持っている人以外はほぼ必ずと言っていいほどタイムマネジメントが必要不可欠といえるでしょう。

そこでオススメするリーディングセクションの時間配分は以下の通り。

Part内容問題数時間配分
Part5短文穴埋め問題3010分
Part6長文穴埋め問題1610分
Part7シングルパッセージ(1つの文書)
マルチパッセージ(複数の文書)
29
25
25分
30分

さらに時間配分だけでなく、時間調整のしやすさ、解きやすさ等も含めると、以下の順番で解くと解き終わりやすくなるでしょう。

なぜこの順番にしたのか
Part5は個々の繋がりがなく単体で解くことができますが、Part7は文章につき4~5問がまとまって出されるため、読めていないと大量失点をする恐れがあるため、単体で素早く処理しやすい文法問題を一番最後としました。

個々の問題の難度が若干異なるところがTOEICの難しいところ。

解ける問題を確実に落とさないためにも解き難い問題は時間をかけすぎず、ある程度で見切りをつけて解答をする細かいテクニックも大切になってきます。

ここからは各パートについてそれぞれ時間配分のコツを解説していきます。

TOEIC リーディングセクション Part5の時間配分

Part5は文法問題になります。

合計30問になりますが、ここはサクサクいきたいところ。

一問あたり20秒を目安に長考することなく解いていきましょう。

文法問題にもすぐに解けるものと解き難いものとあると思います。

Part7で読めず大量失点するよりはマシと考え、解き難いものははやく塗りつぶして次の問題に向かいましょう。

TOEIC リーディングセクション Part6の時間配分

Part6は文法と長文両方の要素が混じった問題です。

主に、

  • 文法・語彙(3問)
  • 文挿入(1問)

が出題されます。

Part6内の時間配分としては、文法・語彙は単体で解け、文挿入は全体を読まなければ解けないため、文法・語彙の3問を先に解き、文挿入を一番最後に解くのが良いでしょう。

目標スコアによっては文挿入に割く時間を減らして、文法・語彙を落とさないようにするという戦略もアリです。

TOEIC リーディングセクション Part7の時間配分

Part7は長文読解です。

一つの文章を読んで解答するシングルパッセージと2~3つの文章を読んで解答するマルチパッセージの2種類があります。

基本的に設問の順番と解答の根拠の順番は対応しています。

意味のまとまり区切りで設問を確認し、解けるのであれば解答を都度おこなっていきましょう。

Part7で時間を効果的に利用するための解き方は以下の通り。

  • 設問を先に読む(選択肢は読まない)
  • 文章を読む
  • 解答する
  • 文中にある回答の根拠を探す

時間に余裕がない人は正解の根拠を探して解答、時間に余裕がある人はそれに併せて他の選択肢が間違いである根拠を探して解答することがオススメです。

シングルパッセージよりマルチパッセージの方が解答の根拠を拾ってくるのに時間がかかりやすい傾向があります。したがって解く順番としてはマルチパッセージの方から先に解くと精度と時間を両立させやすくなります。

TOEICは時間配分次第でスコアがかなり変わる

TOEICは高スコア保持者でなければ、与えられた時間を

  • どのような順番で
  • どのように
  • それぞれどういう時間配分で

解くのかがスコアにかなり影響するテストです。

今回ご紹介した時間配分を参考に、たくさん問題を解いて、自分にぴったりの時間配分を見つけてみてください。

もちろん、時間配分だけでなく、長文を読むスピードや単語、文法を知っているか知らないかで解くスピードは根本的に大きく変わります。

全体的にもっとはやくなりたい!という方は日頃の勉強でスピードの底上げが期待できるので、ぜひ取り組んでみてください。

スポンサーリンク