自分にあったプロテイン飲めていますか?プロテインの種類と効果を解説!

ボディメイク

Advertisement

カラダを鍛えはじめると、食べ物や飲み物に気を遣いはじめる人も多いはず。

「せっかくトレーニングしたんだから、プロテインを摂取して効果を高めたい!」

こんなことを思ったことはありませんか?

プロテインは数多くの種類があり、目的や狙いたい効果などによって、向いているプロテインとそうでないプロテインがあるんです。

今回はそんな数多くあるプロテインの種類と効果を解説していきたいと思います。

プロテインの種類を知って自分にあったプロテインを選ぼう

プロテインとは英語で「タンパク質」という意味を示します。

そのままですね。

日本でいうプロテインを英語では「Protein Powder(タンパク質の粉)」と言うそうで、何を基に作られたタンパク質の粉なのかは原料によります。

牛乳のホエイタンパクから作られていればホエイプロテインですし、大豆由来であればソイプロテインということになります。

また、基となる原料が違うと、値段や効果などが微妙に異なってきます。

以下ではそれぞれのプロテインの効果などについて詳しく解説していきます。

プロテインの種類一覧

プロテインの種類①ホエイプロテイン

牛乳のホエイ蛋白(乳清)を使用して作られるのがホエイプロテイン。

消化が速く、素早いタンパク質摂取が必要とされるトレーニング後にオススメのプロテインです。

ホエイプロテインの中でも製法によって種類が分けられており、以下の3種類に分類されます。

・WPC製法
・WPI製法
・WPH製法

 

プロテインの種類②カゼインプロテイン

カゼインプロテインは牛乳に含まれるカゼイン蛋白を使用して作られたもの。

ホエイプロテインに比べ、吸収スピードが緩やかであることから休息日や就寝前にオススメです。

プロテインの種類③ソイプロテイン

上のホエイプロテイン、カゼインプロテインと異なり、植物性の大豆たんぱくを原料として作られたのがソイプロテイン。

植物性のため消化が遅く、満腹感が他のプロテインに比べあります。

注意しておきたいのが、大豆由来のイソフラボンが持つエストロゲン様作用(ホルモンのように働いてしまうこと)をもたらす可能性があるということ。

ダイエットやフィットネス目的の女性や就寝前などにオススメです。

プロテインの種類④エッグプロテイン

鶏卵の卵白などを基に作られるのがエッグプロテイン。

エッグプロテインはやや高価ですが、卵白から作られているので低脂質かつ低コレステロールというところが魅力的。

宗教上の理由で牛由来のプロテインが飲めない人、牛乳でお腹を下しやすい乳糖不耐症の人に向いたプロテインです。

プロテインの種類⑤ライスプロテイン

名前の通り、米から作られているのがライスプロテイン。

大豆や牛乳、卵、小麦などと異なりアレルギー物質を含んでいない点が優れています。

タンパク質が他のプロテインよりもちょっと少ないですが、脂質、コレステロールが0で、ミネラル等も豊富なのがオススメポイント。

プロテインの種類⑥ピープロテイン

エンドウ豆などの天然酵素を使用して作られるのがピープロテイン。

豆の味と塩気があり、味に関してはそこまで美味しくないと言われています。

しかし、砂糖を一切使用しておらず、胃や腸に負荷がかかりにくく、ビーガンの方などから非常に好評のプロテインとなっています。

プロテインの種類⑦ヘンププロテイン

あまり聞きなれないヘンププロテインですが、こちらは麻の実をすりつぶしたものを原料としたプロテイン。

麻の実ですが、実はマグネシウム・亜鉛・鉄・銅・食物繊維などの栄養が豊富。

植物性タンパク質+ビタミン+ミネラルに優れていることからダイエット、フィットネス、女性にオススメです。

自分にあったプロテインを選んで楽しいボディメイクを!

思った以上に種類があるプロテイン。

狙う効果や目的によって選ぶべきプロテインが違うということがお分かりいただけたかと思います。

激しめのトレーニングを行う人→ホエイプロテイン

就寝前や休息日には→カゼインプロテイン

女性やダイエット、フィットネスなら→ソイプロテイン

がオススメです。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

「プロテインがない!」コンビニでプロテインを買うなら以下の記事がオススメ↓

【ザバスのミルクプロテイン全味】効果をレビューしてみた

ウィダー プロテインバーで一番美味しい味は?価格・成分・口コミ・実際にレビューしてみた

スポンサーリンク